令和2年1月26日、松戸市の特別養護老人ホーム 松戸陽だまり館 にて、鈴木歯科医師の立ち会いのもと、歯科技工士10名(うち松戸支部8名)で、18名32床の義歯刻銘活動を行いました。

皆様の協力のお陰で時間内に終了することが出来、ありがとうございました。

松戸支部の小野木さん兄弟とスタッフの4名の皆さんは初めての参加でしたが,慣れていて 予定よりかなり早く仕上げることが出来て、助かりました。

令和2年1月19日、旭市の特別養護老人ホーム 東総園 にて、秋葉歯科医師の立ち会いのもと、歯科衛生士1名、歯科技工士7名(うち銚子支部5名)で16名29床の義歯刻銘活動を行いました。

皆様の協力のお陰で時間内に終了することが出来、ありがとうございました。

終了後に近所の中華料理店で先生と衛生士さんと銚子支部の皆さんとお昼を食べながら、楽しい一時を過ごしました。

 明けましておめでとうございます。

 新春の集いに大変お忙しい中、ご出席頂きまして、誠にありがとうございます。

 さて、昨年は、千葉県全域を襲った台風による豪雨被害がありました。台風15号では、南房総市から鋸南町、そして千葉市付近に上陸し、最大瞬間風速は50数メートルを観測、自然界の脅威を私自身も体感いたしました。日常の生活においても、隣人や地域の方々との情報交換を密にする事で防災、減災に役立つと感じました。現在も災害の爪痕はたくさん残っています。一日も早く被害に遭われた皆様方が、正常な生活に戻れます様に祈っております。

 昨年は、本会会員の平野勝己氏が11月3日文化の日に長年に亘る功績が認められ、千葉県知事表彰を受賞されました。本日の会において皆様とともにお祝いをさせて頂きたいと思います。

 また、本会事業として、3年前より取り組んでいます、歯科技工士管理者認定制度は、事業の円滑な運営等を行う為、千葉県歯科医師会、砂川会長をはじめ理事の先生方のご理解をいただき「覚書」を交わさせて頂いております。従いまして、認定証の発行の際は、両会の名前で認定することになっております。早ければ、2020年度中に認定取得者が誕生すると思います。認定管理者が厳しい技工業界において活躍していただけることを期待しております。

 千葉県歯科技工士会は各種事業を通じて、前進して参ることを決意いたしております。

 ご出席いただきました皆様方には、今年も変わらぬご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。結びに、ご出席の皆様方にとりまして、令和2年が幸多い年となります様、ご祈念申し上げ挨拶といたします。

 

一般社団法人 千葉県歯科技工士会

会長 内山 昌夫