1.予防歯科学と歯科技工

2.口腔顎顔面外科の技工

早川 浩生 氏

  • 日 時 令和元年10月27日(日)

受付 12:30〜

講講 13:00〜17:00

 

千葉市中央区登戶1丁目24番地3

Tel 043-244-4105

 

  • 受講料 無料

 

  • 申込み・お問い合わせ

千葉県歯科技工士会

 TEL 043-244-4105 FAX 043-244-4106

メールフォームはこちら

 

  • 会員の方は歯科技工士生涯研修カードを持参して下さい。 

 

  • 生涯研修 基本研修5单位取得

 

  • 講師 早川 浩生 氏 (日技認定講師)

 

  • 講演内容 
  1. 予防歯科学と歯科技工 〜新たな視点から見た歯科技工〜

 現在、歯科医療の潮流の中で予防に対する重点が置かれ、歯科の2大疾患である齲蝕・歯周病を対象とした口腔細菌防御の手法としてDental Drug Delivery System(3DS)の概念が一部で導入されつつあります。3DSにおいては歯科技工士が作るドラッグ・リテーナーも予防歯科の重要なツールとして役立っています。

 私たちが作る新しい歯科補綴物・歯科技工製作物は清潔で衛生的な状態で患者に供されますが、口腔内で機能するとともに生体の一部となり、その瞬間から摩耗・着色・バイオフィルムの付着など様々な変化を歯科補綴物にもたらします。修理などで戻ってきた義歯を見ると、いかに過酷な環境下にあるのかを私たちは思い知るこことなります。

 近年、医療界の中で特に高齢者の口腔ケアが注目されています。高齢者の中には自分で口腔衛生状態を管理できない方、介護者に依存している状態の方々も少なくありません。そのような方々も私たちの作った義歯を頼り、毎日の食事の時には使用して下さっています。他者との交流のためにお話をする時にも必須のアイテムともなります。

 デンチャープラークもいわゆるバイオフィルム感染症の原因の一つと考えられます。誤嚥性肺炎など、全身疾患と口腔との関連が次々と明らかになっている中、”デンチャー・プラーク・コントロール”とも言える義歯の清浄を保つためには、また大きな枠組みにおいて予防歯科に関連して何が私たちにできるのかの未来の方向性を皆様と一緒に考えたいと思います。

 

  1. 口腔顎顔面外科の技工 〜医療技工士とメディカルアーチストの可能性〜

 ”顎や顔の一部を修復する”と言って皆さんはピンときますでしょうか? 歯科技工士が製作することができるものは一般的な義歯・クラウン・ブリッジ・矯正装置などだけではなく、いろいろな装置があります。また私達の作るものを装着される患者さんは若い人もいれば高齢の人もいます。その中には身体の他の部分に病気がある人もいるのです。他の全身的な疾患のために唾液の分泌が少ない人もおられます。自分で歯を磨くことができない方もいます。血液中に出血を止めるための血小板という成分が少ない人もいます。そのような人の治療を行う時にも歯科技工士の製作するものが役に立ちます。

 口腔外科または歯科口腔外科では、顎顔面口腔領域の中で歯および歯周組織の疾患・炎症・外傷・腫瘍・口腔粘膜疾患・嚢胞・唾液腺疾患・顎関節疾患・奇形および変形症などの診療を対象としています。また、高血圧・感染症などの全身疾患を伴う患者さんの抜歯などの歯科口腔外科的処置および一般歯科治療を行っています。その中にあって口腔顎顔面領域の疾患に対する治療およびリハビリテーションのための装置・歯科補綴物の製作が歯科技工士の仕事となります。

 私達が勉強している歯科技工に関する技術は、人間にとって両親から頂いた大切な身体の部分を再生する技術です。私達が科学的な根拠と想像力とをもって丹精込めて作ることによって一つの「物」から患者さんのとってかけがえのない「身体の一部」として機能することができます。現在私が職務として製作しているものを供覧し、工夫した点やどのようなことを考えながら製作しているのかをお話ししたいと思います。

【口腔外科】

[止血]観血的処置時の出血を圧迫―出血シーネ・即時顎義歯など

[整復]骨折に伴う整復固定のための装置―床副子・線副子など

[顎矯正]矯正装置,三次元CTなどの画像よりモデルサージェリー

[補綴]手術・外傷・奇形などによる実質欠損を補綴―顎義歯・顔面エピテーゼなど

[インプラント]人工歯根の埋入―診断用ステント・手術用ステント・上部構造など

[治療・リハビリテーション]顎関節疾患―スプリント, 言語治療―スピーチエイド・パラタルリフト・P.A.P., 放射線照射に伴う装置―モールド・スペーサー・シールド, 睡眠時無呼吸症候群のP.M.A., Hotz床, Castillo-Morales口蓋床

[予防]齲蝕感受性の高い患者の感染予防―ドラッグ・リテーナー,ナイトガード

[研究]研究に使用する治具・装置の製作加工など

【他診療科】

[形成外科]止血診療科シーネ, gold weight implant

[麻酔科]挿管時の歯牙損傷を予防―口腔プロテクター

[放射線科]腔内照射用アプリケーターなど

[脳神経外科]頭蓋骨プレート 

 

コメント
コメントする